Article 1

中田宏と考える憲法シリーズ、第一章「天皇」まとめ(英語訳付き)です。
それぞれのリンクからぜひご覧ください。

日本国憲法
The Constitution of Japan
昭和二十一年十一月三日憲法
Constitution November 3, 1946

第一章 天皇
CHAPTER I. THE EMPEROR

第一条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。
Article 1. The Emperor shall be the symbol of the State and of the unity of the people, deriving his position from the will of the people with whom resides sovereign power.


https://youtu.be/AX1eFB6qHLg

第二条 皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。
Article 2. The Imperial Throne shall be dynastic and succeeded to in accordance with the Imperial House Law passed by the Diet.


https://youtu.be/vlkFmR8kgTE

第三条 天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ。
Article 3. The advice and approval of the Cabinet shall be required for all acts of the Emperor in matters of state, and the Cabinet shall be responsible therefor.

第四条 天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。
Article 4. The Emperor shall perform only such acts in matters of state as are provided for in this Constitution and he shall not have powers related to government.

天皇は、法律の定めるところにより、その国事に関する行為を委任することができる。
The Emperor may delegate the performance of his acts in matters of state as may be provided by law.

第六条 天皇は、国会の指名に基いて、内閣総理大臣を任命する。
Article 6. The Emperor shall appoint the Prime Minister as designated by the Diet.

天皇は、内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。
The Emperor shall appoint the Chief Judge of the Supreme Court as designated by the Cabinet.

第七条 天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。
Article 7. The Emperor, with the advice and approval of the Cabinet, shall perform the following acts in matters of state on behalf of the people:

一 憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること。
Promulgation of amendments of the constitution, laws, cabinet orders and treaties.

二 国会を召集すること。
Convocation of the Diet.

三 衆議院を解散すること。
Dissolution of the House of Representatives.

四 国会議員の総選挙の施行を公示すること。
Proclamation of general election of members of the Diet.

五 国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること。
Attestation of the appointment and dismissal of Ministers of State and other officials as provided for by law, and of full powers and credentials of Ambassadors and Ministers.

六 大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。
Attestation of general and special amnesty, commutation of punishment, reprieve, and restoration of rights.

七 栄典を授与すること。
Awarding of honors.

八 批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること。
Attestation of instruments of ratification and other diplomatic documents as provided for by law.

九 外国の大使及び公使を接受すること。
Receiving foreign ambassadors and ministers.

十 儀式を行ふこと。
Performance of ceremonial functions.


https://youtu.be/n7n5l-tsRxg

第五条 皇室典範の定めるところにより摂政を置くときは、摂政は、天皇の名でその国事に関する行為を行ふ。この場合には、前条第一項の規定を準用する。
Article 5. When, in accordance with the Imperial House Law, a Regency is established, the Regent shall perform his acts in matters of state in the Emperor’s name. In this case, paragraph one of the preceding article will be applicable.


https://youtu.be/SgM8_hKxEzc

第八条 皇室に財産を譲り渡し、又は皇室が、財産を譲り受け、若しくは賜与することは、国会の議決に基かなければならない。
Article 8. No property can be given to, or received by, the Imperial House, nor can any gifts be made therefrom, without the authorization of the Diet.

第八十八条 すべて皇室財産は、国に属する。すべて皇室の費用は、予算に計上して国会の議決を経なければならない。
Article 88. All property of the Imperial Household shall belong to the State. All expenses of the Imperial Household shall be appropriated by the Diet in the budget.


https://youtu.be/9idWZnnQKY0

「YouTube」ボタンからチャンネル登録をぜひよろしくお願いします!