中田宏チャンネル_170316_#448_教育勅語.Still176

マレーシアで金正男氏とみられる男が暗殺された事件について「金正男氏の指紋情報 日本政府 マレーシア政府に提供」といった内容のニュースが13日の新聞各紙で伝えられており「そんなことはないだろう」と驚いています。

報道は次のとおりです。

<朝日新聞>
「金正男(キムジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、日本政府が不法入国しようとした正男氏から採取した指紋情報をマレーシア政府に提供していた。日本政府関係者が13日、明らかにした。」

<毎日新聞>
「日本政府の指紋データは、合法的に採取されたもので、マレーシア政府にとっても対外的な説明に使いやすい性質のものという。」

マレーシア政府はすでにこの男を正男氏と断定していますが、指紋照合したという発表はこれからでしょうか。
いずれにしてもマレーシアは「遺体の引き取りは親族のDNA鑑定の後」としていましたが、北朝鮮政府は「北朝鮮のパスポートを所持していた人間が殺されたのだからとにかく早く遺体を引き渡せ」と言っています。

さらに朝日新聞には以下のように書かれていますが、日本政府が指紋なんか持っているわけないだろ!と思います。

朝日新聞
「正男氏は2001年5月、ドミニカ共和国の偽造旅券で成田空港から日本に入国しようとして、東京入国管理局に拘束された。日本政府関係者によると、この際に採取した指紋情報をマレーシア政府に提供した。」

平成13(2001)年当時、日本政府はこの男を正男氏かどうか確認できなかったのですから、これは本当にあり得ません!!

金正男氏とみられる男の暗殺報道があった2月15日のブログにも書きましたが、森山眞弓法務大臣(当時)は「日本政府は金正男氏なる人物に該当するか否かは確認できなかった」と言い放ち、小泉純一郎・総理大臣(同)や田中真紀子・外務大臣(同)も同様で、その男を国外退去処分にしたのです。

2017年2月15日「【金正男暗殺】思い出す16年前の政府のお粗末極まりなさ」
http://nakada.net/blog/8588

このブログのとおり、当時、衆議院議員だった私は「なぜ身元を特定・断定しなかったのか」と朝日新聞に寄稿し政府の対応を批判しました。

正男氏かどうか確認できなかった日本政府がなぜ指紋を提供できるのでしょうか?
なぜ金正男氏の指紋だと断定しているのでしょうか?
合法的に採取した指紋とはどういうことでしょうか?
今になって日本政府は「あの男は金正男氏だった」と認めたのでしょうか?
聞いたことありません。

テキストにしましたので、ぜひ平成13(2001)年の記事もご一読ください。

2001年5月21日朝日新聞「金正男氏?確認避けた政府の無責任」
http://nakada.net/blog/8982

この国はどうなっているのでしょう?


「YouTube」ボタンからチャンネル登録をぜひよろしくお願いします!