maxresdefault

チャンネル登録をぜひよろしくお願いします!

さすがの私も、ワザという言葉は初めて聞きました。
ワザは「WAZA(WORLD ASSOCIATION OF ZOOS AND AQUARIUMS)=世界動物園水族館協会」の英略称です。「さすがの」としたのは、私は捕鯨問題に長年取り組んできましたので、クジラに関する「IWC(International Whaling Commission)=国際捕鯨委員会」等の略語は知っていましたが、このWAZAは初めて聞きました。そして日本にはジャザ(JAZA(Japanese Association of Zoos and Aquariums)=日本動物園水族館協会)があるわけです。

このWAZAが「和歌山県太地町の追い込み漁が実に残酷で、捕まえたイルカを飼育してイルカショーをやっているようなJAZAは会員資格停止」と勧告をしてきたということです。資格停止になりたくないJAZAは、WAZAに残るために、追い込み漁で捕獲したイルカを入手しないと判断をしたというのが、ここ一連の動きです。

さて、そもそもイルカの追い込み漁は本当に残酷なのでしょうか

追い込み漁は、日本などがイルカを傷付けず捕る漁法ですので、私は残酷とは思えません
しかし、反捕鯨国は決定的に考え方が違うようで、「クジラやイルカは愛玩動物であり、追いかけたり傷付けたりすることは許されない。ましてや絶対に食べる動物ではない。」と、ある意味では聖域の動物になっているのです。

日本でクジラは、長年に渡り海洋資源として食生活などに活かしながら扱ってきたわけですが、このことは全く理解されず、とにかく海は手付かずの自然のままにしておくべきと主張されています。クジラは他の魚を食べているのにもかかわらず、クジラは海の生態系の最上位にいるにもかかわらず、手をつけずに取っておくべきということです。これが反捕鯨国の、イルカについての同様の価値観です。

このような局面において、日本には工夫が必要だと考えます。
「太地町の追い込み漁は決して残酷ではない。イルカは安全に捕獲されているし、その後しっかりと飼育していくので、これからも太地町からイルカを仕入れたい。すなわちJAZAは脱退したい。」との水族館もすでに名乗りを上げていると聞きますが、私はそれでいいと思います。
そしてJAZAはWAZAに対して、「考え方が違うモノもいるが、それは仕方ないのではないか」と、ある意味でダブルスタンダードを作っていくなど、いわば、WAZAに対して「技ありの一本」をしかけていくべきと思います。


チャンネル登録をぜひよろしくお願いします!