11332557_788975344532126_2139761867_o

チャンネル登録をぜひよろしくお願いします!

SNSがどんどん広がる中で、Twitterは有力なツールですが、民主党のある区議会議員のツィートが話題になっています。民主党の悪口・批判ばかりをしているツィートがあって、それがどうやら民主党の現職議員ではないか?ということで炎上している、という話です。
本人は否定しているようですが、それが嘘か本当か、真実はわかりません。

ただし、議員が自分の党に対し、時に批判やきちっと意見するということは、とても大事なことと思います。
私も小沢一郎さんと一緒の党の時、たて突くわけでなく意見として言った、という経験がありますし、この間までの衆議院議員時も同様でした。
特に議員は、意見は、堂々と言ったら良いと考えます。匿名で言うのは議員として失格です。堂々と自分の名前で言うべきです。

また、議員ではありませんが、一般の人たちも批判を明瞭にしたい時に匿名では説得力はありません。私のところにも散々批判は来ますが、匿名のものはその程度としか思いませんし、世間も匿名ということについては、罵詈雑言のレベルでしかカウントをしないでしょう。

私は、社会がSNSを活用しながら、大いに議論していくべきと思います。議題についてしっかりと意見を言う時には、匿名ではなく自分自身の名前をきちんと名乗る、という文化が広がるということが大事なのではないかと思っています。


チャンネル登録をぜひよろしくお願いします!