中田宏チャンネル_170123_#410_トランプ就任

ついに”あの”ドナルド・トランプ氏がアメリカ合衆国の”トランプ大統領”になりました。
日本時間20日金曜日の夜、アメリカのニュース専門チャンネル『CNN』を見ていて、画面の下には「あと○時間○分○秒」と就任までのカウントダウンが出ていました。
そして日本時間では日付が変わって21日午前1時(アメリカは20日午前11時)からの就任式で第45代大統領就任の宣誓を行い、その後に演説、パレードが催されました。

就任演説を全て聞きましたが「ワシントンの一部の政治家たちの政治から国民の手に取り戻したんだ」という内容からスタートして、「外国」「移民」「国際的な枠組み」がアメリカ国民を犠牲にしてきたという論調で、全体的に”カネの臭いがプンプンする演説”だと感じました。
そのなかでも注目したのは以下の部分です。
「話すだけで常に不満を述べ、行動を起こさず、問題に対応しようとしない政治家を受け容れる余地はもはやない」
「空虚な話をする時間は終わりました」
「行動を起こす時が来たのです」
「できないことを話すのはもうやめましょう」

実際、就任演説後には日本にも影響があるTPP(環太平洋パートナーシップ協定)離脱とNAFTA(北米自由貿易協定)の再交渉の政策方針が発表され、オバマケア(医療・健康保険制度改革)の見直しの大統領令にも署名しました。
就任初日から”言ったことはガンガンやりますよ”ということでしょう。

就任演説では歴代の新大統領が必ず触れてきた「自由」「民主主義」などの理念を語ることなく、代わりに「雇用だ」「富だ」「豊かになるんだ」ということでは“とにかく実利追求の国になるんだ”と宣言したようなものです。

前述の「行動を起こす時がきた」「できないことを話すのはやめよう」ということを初日に実行し、あえて言うならば最近の”口先介入”のように手段を選ばずに進めるということのようです。

世界は深刻な”戦国時代”に突入したと考えた方が良いでしょう。


「YouTube」ボタンからチャンネル登録をぜひよろしくお願いします!