yam0065-049

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。皆様にとって今年一年が素晴らしい年になりますようにご祈念申し上げます。

まずもって支援者の皆さまには、去る12月14日に投開票された総選挙で賜ったご支援に心から感謝申し上げます。
結果は落選に至り、皆様のご支援を国会活動の継続という形にすることができませんでした。
すべては私の力不足であり、衷心よりお詫び申し上げます。

敗因について、様々なご指摘をいただいており、その一つ一つを克服できなかったことが私の力不足なのであり、誠に申し訳ない限りです。

私が政治活動をしてきた目的は、22年前の最初の一歩から今日に至るまで、ただひたすら日本を再建するためです。その目的のために自らの役割を果たすことに、今後も何ら変わりはありません。今回の落選を真摯に受け止め、今後日本再建のためにいかなる活動をしていくべきか、一度立ち止まって深く考えます。

皆様から賜るご指導やご叱責をよく踏まえて参ります。その上で、”今一度、努力し直せ”という機会を天からいただいたわけですから、一からの努力を積み重ねます。

平成27年は、私にとって節目の年となりそうです。ご支援頂いている皆様に幾重にも感謝とお詫びを致しつつ、後に振り返った時に”あの経験が活かされた”と言っていただけるように精進して参ります。

今後共、ご指導ご支援賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

中田宏

追申 11月に右肩鎖骨を骨折しご心配をおかけしました。総選挙後の検診で順調な回復が確認できました。謹んでご報告申し上げます。