中田宏チャンネル_160630_#273_都知事選小池 (1)

6月29日に小池百合子衆議院議員が東京都知事選挙への出馬を表明しました。
いよいよ都知事選挙候補者の擁立、立候補が動き始めたことになります。
小池さんの出馬表明は自分自身の決断であって自民党からの要請擁立ではありません。
全く根回しがないままの出馬表明ということで、「根回しがないこと」や「自らがやりますと手を挙げる文字通りの”立候補”」の良し悪しは政治家側と有権者側とでは見方が違うでしょうが、都民の判断が求められます。

この都知事選出馬の内幕ですが、自民党が一番擁立したい人は、つい先日総務省事務次官すなわち中央省庁・キャリア官僚を退官し世間では「桜井パパ」と呼ばれる嵐・櫻井翔さんのお父さん・桜井俊氏です。
自民党が櫻井パパを口説いている最中に小池さんが会見したのは、機先を制して自分が手を挙げることによって櫻井さんが口説き落とされないようにしたいという駆け引き・計算があったことは間違いありません。

小池さんの会見の中でのキーワードを振り返ると、特に意識されたキーワードが2つあります。
1つは「自民党の衆議院議員として」という言葉です。
「根回しはないが自民党の推薦候補として出たい」「桜井さんではなく私を」と、力技を向けていました。
そしてもう1つは「役人の上に役人出身の知事を置くのではなく政治家がやるべき」という発言です。
これは明らかに桜井さんに対するけん制です。

6月17日ブログ「【中田宏】都知事選挙へ重大発表!」で、「政治家がビジョンを明確にして、どういう東京を作るのかきちんとビジョンを打ち出すことが行政を引っ張る上で重要」と書きましたが、小池さんの「政治家がやるべき」という気持ちは政治経験者としてよく理解できます。

ここから先、自民党が桜井さんを口説き落とせるのかどうか。
櫻井さんに小池さんとは戦いたくないという心理も働くでしょうから固辞して櫻井さん擁立断念となるか、その場合は何の根回しもなかった小池さんに対して自民党が他の誰かを擁立できるのかどうか。
できれば、自民党の衆議院議員だった小池さんVS自民党推薦の候補者という構図が出来上がり、そこに東国原英夫さんなどは参入・立候補してくる可能性は大きくなるでしょう。

また民進党をはじめとする野党ですが、小池さんを上回るインパクトのある政治家を立てるのは難しいので、恐らく政界以外から評論家などを擁立するのではないでしょうか。

いずれにしても7月14日告示の日程を考えれば、ポスターやパンフレットなどの制作・政策物は「突貫工事」であれば何とかなりますが、雨風に強いしっかりとしたポスターを印刷するには物理的な限界が差し迫っています。
その意味で今週末が一つのヤマ場でしょう。

「YouTube」ボタンからチャンネル登録をぜひよろしくお願いします!

「YouTube」ボタンからチャンネル登録をぜひよろしくお願いします!