動画(150秒)に“想い”を込めました。
一度ご覧いただけないでしょうか?

ご覧頂き、私、中田宏を
皆さんのご友人やご家族にお伝えいただけないでしょうか?

ご評価はそれぞれかと思います。
ですが、私を知って頂き、選挙へご参加いただきたいと思います。

—(以下、動画メッセージの全文)

中田宏です。今、非常に厳しい選挙戦を戦っています。

私は国会議員という立場、あるいは、仕事と考えて就職活動する気は全くありません。日本を変えたい、ただひたすらそのことを思って政治家になり、今もそのままです。

理不尽なことを改め、日本を前に進めていく。日本をチャンスのあふれる国にしていく。そのために私は政治家をやってきました。

今日本を改めたい、心からそう思っています。

そのためには、私自身が横浜市長として経験をしたような足の引っ張りや反発、罵詈雑言、批判、中傷合戦の国会では全く意味がありません。

日本の国会を前に進める。それは法案を出すこと、そして修正案を出して議論をしていくこと、私はそれが国会だと思います。

この2年間で11本という衆議院議員としては最多の法案を私は出しました。

是非みなさん、これから先も前向きな議論で前向きな日本を作っていく、そのための先頭に私、中田宏を立たせていただきたいというふうに心からお願いをしたいと思います。

この川崎、宮前区そして高津区、さらには中原区の大戸地区、この神奈川18区で私はなんとしても国会を前向きに、そして日本を前向きにする、そういう議員として働きたいと思っています。

みなさんが投票に行く、参加をすることで私に力を与えてくれます。そしてその私が今度は国会でみなさんの目に見える活動を展開します。

私、中田宏をその先頭に立たせていただきたい。

神奈川18区の小選挙区はみなさんの代表者として、私、中田宏に投票を、是非お願いします。

_MG_8301