中田宏チャンネル_160527_#249_TVタックル_02

明後日、5月29日(日)に放送されるテレビ朝日系『ビートたけしのTVタックル』生活保護について議論をしました。

この問題は2015/12/28のブログ「【生活保護】「健康で文化的な最低限度の生活」にパチンコは必要? 」でも取り上げたことがあります。
大分県別府市は、市の巡回調査員が巡回し、生活保護受給者をパチンコ店で発見したら注意し、それが複数回となった場合は生活保護費を減額する取り組みをしていました。

私は別府市の取り組みに賛成ですが、意外にも番組内では少数派でした。

パチンコがダメなら演劇はどうかと聞かれ、それは良いのではないかと答えました。
私なりの区切りは対価を得られるかどうかです。
日本国憲法や生活保護法にある「最低限度の文化的な生活を営んでいく」という意味をしっかり踏まえるべきでしょう。

一方、競馬や競輪はダメでしょう。
パチンコなどギャンブルは受給したお金が減る可能性が高いから慎むべきで、そもそも増える可能性が高ければパチンコ屋は成り立ちません
宝くじは?の問いにも、私の基準ではダメです。

このようなコンセンサス(意見の一致)を国の中できちんとつくっていく必要があるのではないでしょうか。

パチンコは18歳未満などは禁止されています。
射幸心を煽るパチンコに対する基準を国が設けているからで、生活保護関係も国がしっかり線引きをしなければならないのではないでしょうか。

大分県は別府市の取り組みを「やめるべきだ」と指摘し、結果として別府市は今年度は生活保護費の減額をやめたそうです。
大分県がやめるべきとしたのは結局は厚生労働省が「ダメだ」と言っているからです。

厚生労働省は不作為省庁の典型で、いいかげんにしろ!と思います。
代表的なのは健康保険・年金ですが、遺骨収集・薬害など全て対応を後手後手に回してしまう省庁だからです。
人口が減っていくことも分かっているのに、大きく報じられたりしない限りは腰を上げない省庁なのです。

厚労省がきちんとけじめをつけないから地方自治体が苦しんでいます。
別府市はよくやっている!
そう思っています。

ぜひご覧になってください!
5月29日(日)午前11時55分~12時55分※一部地域を除く
「ビートたけしのTVタックル」 テレビ朝日(全国ネット)
「激論!ニッポンの新基準あなたはどっち派SP」

TVタックル
http://www.tv-asahi.co.jp/tvtackle/

<著者>
中田宏
1993〜衆院議員(3期)、2002〜横浜市長(2期)、2009〜総務省顧問、2011〜大阪市特別顧問、2012~14衆院議員。青山学院大経済学部卒、松下政経塾(10期)卒


「YouTube」ボタンからチャンネル登録をぜひよろしくお願いします!