中田宏チャンネル_160408_#218_桜を見る会

明日4月9日、安倍晋三総理大臣主催の「桜を見る会」が新宿御苑で開かれます。
「桜を見る会」は「園遊会」とは異なります。
元は皇室行事でしたが今は総理主催になっており、招待される方は皇族・各国の大使や大使館員・国際活動で活躍した各省庁推薦の方々などで、毎年ニュースで話題になるのが芸能界やスポーツ界から政府与党推薦で招待される人たちです。

園遊会の招待基準は「長年貢献した人」と厳格ですが、桜を見る会はユルいです。
昨年招待された有名人は、ももいろクローバーZ、8.6秒バズーカー、乃木坂46、爆笑問題、林家ペー・パー子(敬称略)、とバラエティーに富んでいました。

この桜を見る会は与党の党勢と支持拡大の面が多分にあります。
招待者は基本的には政府・与党の推薦なので、国会議員は自分の招待枠に後援会の人を招待することもあります。
総理主催であることや多彩な顔ぶれの人たちに会えるかもしれないという意味で、ファンサービスの側面があるのです。

19940420_1

平成6(1994)年4月20日の桜を見る会での写真です。
細川護煕総理大臣(当時)と与党議員1年生の私が写っています。

1994-420_2

この時は私も支持者を招待しました。

19940420_3

実はこの桜を見る会には「桜を見ることができない」という「大問題」があります。
去年の桜を見る会は4月18日でしたが、東京の満開は3月下旬でしたのでとっくに散っていました。
上の平成6(1994)年4月20日の写真では完全に葉桜になっています

今年の桜を見る会でも、東京の満開宣言の3月31日からすでに10日近く経っているので、ほとんど葉桜かもしくは風に吹かれても何とか耐え抜いた根性桜しか見られないでしょう。


「YouTube」ボタンからチャンネル登録をぜひよろしくお願いします!