160115_#160

「YouTube」ボタンからチャンネル登録をぜひよろしくお願いします!

先月12/21にブログ「【映画を観た】『海難1890』トルコの方と日本人全て、必見です!」で映画をご紹介しましたが、舞台となった和歌山県串本町と田嶋勝正・串本町長を訪問させていただきました。

160115

—–
中田宏 『海難1890』を観てからこの串本町にお邪魔させていただきましたが、今、本当に反省してます…
もっと早く来るべきだったと。
このエルトゥールル号の話は知っていただけに、この映画を観なければ来られなかった自分の腰の重さに反省しています。

田嶋勝正・串本町長 最初にお電話いただいた時は「どなた?」と驚きました(笑)。
本当に今日は来ていただいてありがとうございます。
映画を観て私もいつも思うのですが、映画が全ての歴史ではありません。
串本町に来ていただいて本当の歴史も見ていただき、そして映画の感動と地元での史実に感動していただくのが本当に一番嬉しいことです。

中田 そうですね。
映画はもちろん史実に基づいていますが、当然、映画ですからある程度ドラマティックな脚色はあります。

160115-2
(トルコ軍艦遭難慰霊碑にて)

私も今日トルコ記念館に行って初めて「映画と史実はこう違うんだ」ということをいくつか知りました。
この映画製作は町長が歴史を知るきっかけとしてイニシアチブを取られたとお聞きしました。
素晴らしい試みですね。

田嶋町長 ありがとうございます。
日本人が今、忘れかけている真心というものがこの映画では描かれたのかなと思っています。

中田 日本の誇る、「誇る」といっても鼻高々に「いいことやった!」という誇りではなく、人がいざという時にどうあるべきなのかということを胸に宿す誇りを日本全体で感じられます。
舞台となった串本町のみなさん、特に子供たちを中心に大事にしていただきたいですね。

田嶋町長 そうですね。
まずは子供たちにこうした先人がいたということ、そして明治時代の先人の気骨・精神を心に秘めてこれからも頑張って欲しいと思っています。

中田 私も口先だけでなく「いざというときに自分がどうあるべきか」を考えされられましたし、そして我々の生き様そのものが100年後の日本人にとってどういう影響を与えるかを考えて行動したいと改めて感じました。
今日はありがとうございました。
—–

映画『海難1890』は下記の全国各地で絶賛上映中です。
http://www.kainan1890.jp/

皆さまもぜひご覧ください!


「YouTube」ボタンからチャンネル登録をぜひよろしくお願いします!