160113_#158

「YouTube」ボタンからチャンネル登録をぜひよろしくお願いします!

DAIGOさん・北川景子さん、ご結婚おめでとうございます!

私はDAIGOさん所属のバンド「BREAKERZ」のSHINPEIさんとは仲良くさせていただいていますが、DAIGOさんに直接会ったことはありません。
しかしテレビなどで見る限り、良家育ちののびのびした感じで好感を持ってDAIGOさんを見てきました。

今回、伴侶を得てDAIGOさんがいずれ「政治家に転出?」という情報もあるようです。
とはいえ出元は怪しいですし一部マスコミが面白おかしく騒いでいるだけではと思いますが、DAIGOさんといえば竹下登・元総理のお孫さんですからそのような噂が出てきても不思議ではありません。

よく質問で「世襲議員・二世議員についてどう思いますか?」といただきますが、DAIGOさんがもし政界に挑戦すると?

現職のいわゆる世襲議員を見渡すと政治家としての「質」は「おー、さすが!」と思う人もいれば一方で「なんだこりゃ?」という人もいるので、これはそれぞれ有権者が選挙・投票で見極めるしかないと思います。

世襲議員の「問題」は何か?を考えると、選挙がイコールフッティングでないことすなわち世襲が極めて有利になってしまうところです。

特に日本の選挙は政策の中身や所属政党ばかりでなく大いに属人的なところがあります。
仮にDAIGOさんが出馬することになれば竹下元総理時代からの票や資金もそのまま引き継げるでしょう。
さまざまな業界・団体は引き継いだ世襲議員を応援することが自分たちの既得権を守ることになるので、こうして選挙がイコールフッティングでなくなることが世襲のひとつの問題点と言えます。先代からのしがらみで政治家が政策を曲げてしまうことがあれば政治にマイナスです。

一方、親などが政治家の人の立候補はそれだけで問題とするのも乱暴ですので、選挙区を別にすれば良いといったルールとするのが良いのではないでしょうか。
一例では、管直人元総理は東京・ご子息は岡山、石原慎太郎元都知事は東京・品川区・ご子息の石原伸晃氏は杉並区、また私も親しい桜内文城氏は義祖父櫻内義雄元衆院議長氏は島根県・ご本人は愛媛からの出馬となっています。

前期の衆議院議員時代、久野統一郎議員(自民党)は平成12(2000)年の総選挙に二世議員として父親の後を継いだが、私は政治には向かないと再出馬しませんでした。
一方、志は感じらませんが代々の「家業」としてとりあえず政治家という人も確かにいます。

二世議員を全部ひとくくりにして良い悪いは言えませんが、DAIGOさんには「うぃっしゅ!」のノリでの出馬などはされないようぜひ!慎重に考えていただきたいと思います。
DAIGOさん風では「DAIGOさん、MOKです」

 マスコミに
 踊らされないで
 ください


「YouTube」ボタンからチャンネル登録をぜひよろしくお願いします!