20151116_#119

「YouTube」ボタンからチャンネル登録をぜひよろしくお願いします!

冒頭、14日のフランス同時多発テロで犠牲となられました方々に深く哀悼の意を表します。
私も先日11月2・3日にパリに居ましたのでひとごとでありませんが、この件はまた別に触れたいと思います。

===

大阪ダブル選挙はこの週末に報道各社の世論調査が行われました。
おおむねどの新聞も、
府知事選挙 松井一郎現知事が自民党などが推すくりはら貴子候補を大きくリード
市長選挙 維新の吉村洋文候補が自民党などが推す柳本あきら候補をややリード
となっています。
告示前は「市長選挙は接戦」と伝えられていましたが少し差が開いたのかという状況です。

先々週の6日そして先週の9日とこのダブル選にこのブログで触れまして、維新ファン・橋下応援団からは「中田さん、もっと応援してくれ」というリアクションもいただきましたが、私は「大阪都構想は賛成」とこれまで繰り返しておりますので充分わかると思いますが、とにかく大阪都構想は二重行政解消の観点からこれからも地方自治を考える上でも賛成です。
その意味で、今回、維新の吉村候補が勝てば、市長が代わったのでもう一度住民投票を提案をしていくという正当性はあると思います。
しかし自民党から共産党までが応援している柳本さんが勝てば住民投票をもう1回やることの正当性は決定的に失われます。

さらに今回は自民党から共産党までが組んで候補者を応援しているといううさん臭さがあります。
国政でも共産党が主導しての野党の選挙協力などといえば野合と言われますが、大阪でも政策の各論は全然違う自民党と共産党が組むというの全く筋違いだと思いますから、有権者もこの辺を総合的に勘案して差が開いたのかなと思います。

さらに前回までのブログで書きましたが、やはり維新の方が政策が具体的です。
大阪都構想もそうですが、例えば「敬老パス」(正式名称は横浜市=敬老特別乗車証、大阪市=敬老優待乗車証)、私は横浜市長として全国で初めて有料化に着手しました。
政令市などではそれぞれ革新市政時代にこの70歳以上などに支給する敬老パスが始まり今では当たり前のように定着していますが、一般市町村などにはほとんど無いようです。
しかし一度、支給するようになれば当たり前になってしまっている。
これを横浜市は全国で初めて一部有料に変えましたが、大阪もその後に同様に変更し、橋下市長のもとで切り換え時に負担金3000円+1回乗る毎に50円料金となったようです。
これに対して自民党推薦の柳本候補は有料を見直すとのことですが、それではどうやって見直すのか?財政難のなかこのような形で一部自己負担を求めるのはこのご時世ではやむを得ないことではないのかと思います。
自民党は国政で「野党は反対ばかりしてる」と言いますが、大阪では自民党も反対ばかりという状態になってしまっているわけです。

大阪の有権者の皆さまはぜひこのような点を考えてどちらを選ぶのか?
これからの大阪と地方自治がこの選挙で決まるといっても過言ではありませんので、ぜひしっかりと投票をお願いいたします。

(今回の動画は出張先から「自撮り」でお届けしています)


「YouTube」ボタンからチャンネル登録をぜひよろしくお願いします!