20151113_#118

「YouTube」ボタンからチャンネル登録をぜひよろしくお願いします!

平成27年11月15日横田めぐみさんが忽然と新潟市内で姿を消してから38年が経ちます。
みなさんご承知の通り横田めぐみさんは北朝鮮による拉致被害者です。

現在、政府が認定している拉致事案は、北朝鮮が認めているもの、北朝鮮は認めていないが日本政府が拉致と認定したもので計12件、被害者は17人です。
また、民間団体「特定失踪者問題調査会」がまとめる北朝鮮の拉致が濃厚である「特定失踪者」は今年7月末の段階で700人を超えているそうです。全てが北朝鮮の拉致ではないかもしれませんが、しかし700名もの方が日本から忽然と姿を消した状態のまま、どうなっているかわからないということです。

拉致問題については今でこそ知らない人はいないと信じますが、もとは昭和55(1980)年の産経新聞の一報に端を発しています。
1月7日、産経新聞は「アベック3組ナゾの蒸発」「外国情報機関が関与?」という見出しを付けましたが日本政府は認めませんでした。
同年3月には参議院で公明党の和泉照雄議員が初めて拉致について取り上げましたが、政府はこの段階でも認めません。
日本政府が北朝鮮による拉致を正式に認めたのは実に昭和63(1988年)ですから産経新聞の報道から8年後です。梶山静六・国家公安委員長(当時)が日本人拉致事件を初めて認め、公になりました。

当初、産経新聞が報じた時は「そんなことあるのか」「一方的に北朝鮮と決め付けるのは問題だ」という批判もあったようですが、その後に日本政府、最終的には北朝鮮も認めるに至りました。
今の安倍政権に限らず歴代の内閣が日朝関係で拉致被害者救済が最優先とするのは当然のことです。

私は横田めぐみさんと同い年です。
38年前、横田めぐみさんと私は中学1年生でした。
私といえば、大阪の中学校で野球に明け暮れていました。
高校進学後は空手、そして大学生。
バブルもありました。
就職活動もしました。
松下政経塾に入塾し、衆議院議員、横浜市長と務めて現在があります。
いま振り返ってみても38年間は本当に長い。

ある日、全くわけがわからぬまま連れ去られ、目隠しを解かれたら知らない国で、そこで自分がどうなっていくのか全くわからないという状況にもし自分が置かれたら。
そのような状況に自分が、自分の身内が、自分が本当に好きな友人知人がと考えると、皆さん誰もが身につまされると思います。

国会議員などが青いリボン、ブルーのバッジを帯びていることをテレビニュースなどで時々見かけます。私もできる限り、この「ブルーリボンバッジ」を着用するようにしています。

ブルーリボンバッジ

※ブルーリボンの「ブルー」
空と海(特に日本海)の青い色=ブルーに由来し、「近くて遠い国の関係である日本と北朝鮮の間で、空と海だけが国境無しに続き、拉致被害者とその家族や日本人が空と海を見上げて、同時に再会の時を想定している事」を意味する

「1億総◯◯」なる言葉はこういう時にこそ使いたいと思いますが、「1億総関心」全ての国民が拉致に関心を持ち、被害者を絶対に救済するという思いは日本の意思であり、党派信条も何も越えたすべての日本国民が一致する願いだということを北朝鮮はもとより広く世界に伝えていくことが重要です。

いま一度、皆さんぜひ呼びかけます。


「YouTube」ボタンからチャンネル登録をぜひよろしくお願いします!