20151019_#100

「YouTube」ボタンからチャンネル登録をぜひよろしくお願いします!

5月26日に第1回目のYoutube動画チャンネル「中田宏チャンネル」を開始してから早いもので本日10月19日、記念すべき100回目を迎えることができました。
ご覧いただいている皆さま、どうもありがとうございます!

今回は、動画の再生回数と本ブログなどのアクセス数を集計し、みなさまに最も多くご覧いただいた「ネタ」BEST5をご紹介いたします。

第1位
20150818_#060

この回は、動画とブログを合わせて約6万人もの方にご覧いただきました。
私はこの鳩山さんのこの件は「振り返りたくない」ですが、多くのアクセスをいただき、みなさまの関心が非常に高かったことがうかがえます。

第2位
20150831_#069

以前、党をともにした私としては「矛盾」と「理解」の両面を感じる話題でした。
橋下さんたちはもともと「是々非々路線」が旨なので、なぜ野党路線の人たちと「反対路線」でやってきたのか?とかねてから疑問に思っていたのですが、この回ではやはり「是々非々路線」に戻るようだとお伝えしました。

第3位
20150817_#059

私は単純に朝日新聞に否定的な立場ではありません。
しかし、私は完璧だと思った安倍談話に対し社説で「出すべきではなかった」とまで書いた朝日新聞の「総理批判ありき」の姿勢については声を大にしました。

第4位
20150904_#073

この回は少々諦めモードでした。
他の回でも韓国を話題にしたこともありますが、とにかく「好き嫌い」ではなく「そういう国なんだ」と思って付き合わないとダメ、ということです。

第5位
20151005_#091

民主党は野党第一党として、健全な政治のためにしっかりしてもらわねばなりません。
ですから、国会の「外」に発信するだけではなく、国会の「中」でもっと頑張って欲しいと、今でも切に思っています。

第5位タイ
20150915_#080

安保法反対で盛り上がっている国会前デモを現場リポートしました。
国民が大いに関心をもつことはよいと思いますが、その際はもっと深掘りをして賛否の議論をしてもらいたいと感じました。

結果的に上位は「民主」ネタ2本、「政府自民」ネタ1本、「維新」ネタ1本、「世論」ネタ1本、「国連」ネタ1本に分類できるでしょうか。
バランスが良いようですが、私は決してバランスを気にして発信しているわけではありません。
今後も、私自身の意見を、何からも逃げず、何にも媚びず、しっかりと主張をしていきます。

皆さまからも「語って欲しいネタ」を募ります!
今後とも、「中田宏チャンネル」、そして本ブログをどうぞよろしくお願いします。


「YouTube」ボタンからチャンネル登録をぜひよろしくお願いします!