190530_#989
先週25日土曜日から28日火曜日までの3泊4日で、令和初の国賓としてのお客様として、アメリカのトランプ大統領が来日していました。今回の滞在は長かったですね。

さて、国賓とは閣議決定され、天皇陛下をはじめとして皇室の接合にあずかる外国の元首などで、国を挙げて最上級の歓迎をすることになります。

新聞などでは「異例の厚遇」とか「接待攻勢」などと書かれていましたが、国賓ですからある意味でこれは当然の事です。

日本側からすれば、今こそ日米関係が重要だから、トランプ大統領を大歓迎したというのも本当のことです。しかし、実はトランプ大統領は来月もまた来日するのです。2ヶ月連続でアメリカの大統領が来日するのは、これまで聞いたことがありません。

来月は6月28〜29日に大阪でG20の首脳会議が行われ、その為に来日します。来月の来日は「行かなければならない」訳ですから、日本側が「接待するので来てくれますか?」と言われて、「わかりました。行きましょう。」とはなりません。

来日する理由として、アメリカから見ても今の日米関係は極めて重要ということになります。そして、その背景には「国際関係」があります。

日米貿易協議も重要です。それ以上にアメリカにとっては対中国、対北朝鮮、対イランの対応にとって日本は極めて重要なパートナーでもあります。

米中貿易戦争、これは当事者国だけではなく、世界が固唾をのんでその行方を見守っています。なぜかというと、決裂によって世界経済はガタガタと崩れていく可能性があるわけです。だからアメリカとしては、賛同者を得たい、それが日本な訳です。

北朝鮮の核問題は進展していませんから、引き続き日本と一緒に北朝鮮の封じ込めをしていかなければならない。それは間接的に北朝鮮に対していつも甘い顔をしている文在寅大統領の韓国対策にもなります。

イランも核保有の野望を捨てていません。オバマ大統領の時代にイラン、ヨーロッパも含めて、多国間で合意しました。しかし、トランプ大統領はそこから離脱しました。しかし孤立するわけにもいかない。そこで、実はイランとは極めて良い関係の日本に期待しているところがあります。

来月のG20の首脳会合にはロシアのプーチン大統領、中国の習近平国家主席、韓国の文在寅大統領と各国の首脳も来日します。その前に日米の首脳が会っておいて、腹合わせをしてそれを国際社会に見せつけておく、こういう事も今回の来日には重要だったというわけです。

「YouTube」ボタンからチャンネル登録をよろしくお願いします!