中田宏チャンネル_181207_#877_憲法_第88条

日本国憲法
The Constitution of Japan
昭和二十一年十一月三日憲法
Constitution November 3, 1946

第七章 財政
CHAPTER VII. FINANCE

第八十三条 国の財政を処理する権限は、国会の議決に基いて、これを行使しなければならない。

Article 83. The power to administer national finances shall be exercised as the Diet shall determine.

第八十四条 あらたに租税を課し、又は現行の租税を変更するには、法律又は法律の定める条件によることを必要とする。

Article 84. No new taxes shall be imposed or existing ones modified except by law or under such conditions as law may prescribe.

第八十四条 あらたに租税を課し、又は現行の租税を変更するには、法律又は法律の定める条件によることを必要とする。

Article 84. No new taxes shall be imposed or existing ones modified except by law or under such conditions as law may prescribe.

第八十五条 国費を支出し、又は国が債務を負担するには、国会の議決に基くことを必要とする。

Article 85. No money shall be expended, nor shall the State obligate itself, except as authorized by the Diet.

第八十六条 内閣は、毎会計年度の予算を作成し、国会に提出して、その審議を受け議決を経なければならない。

Article 86. The Cabinet shall prepare and submit to the Diet for its consideration and decision a budget for each fiscal year.

第八十七条 予見し難い予算の不足に充てるため、国会の議決に基いて予備費を設け、内閣の責任でこれを支出することができる。

Article 87. In order to provide for unforeseen deficiencies in the budget, a reserve fund may be authorized by the Diet to be expended upon the responsibility of the Cabinet.

すべて予備費の支出については、内閣は、事後に国会の承諾を得なければならない。

The Cabinet must get subsequent approval of the Diet for all payments from the reserve fund.

第八十八条 すべて皇室財産は、国に属する。すべて皇室の費用は、予算に計上して国会の議決を経なければならない

Article 88. All property of the Imperial Household shall belong to the State. All expenses of the Imperial Household shall be appropriated by the Diet in the budget.