中田宏チャンネル_181005_#834_憲法_第77条

日本国憲法
The Constitution of Japan
昭和二十一年十一月三日憲法
Constitution November 3, 1946

第六章 司法
CHAPTER VI. JUDICIARY

第七十六条 すべて司法権は、最高裁判所及び法律の定めるところにより設置する下級裁判所に属する。
Article 76. The whole judicial power is vested in a Supreme Court and in such inferior courts as are established by law.

特別裁判所は、これを設置することができない。行政機関は、終審として裁判を行ふことができない。
No extraordinary tribunal shall be established, nor shall any organ or agency of the Executive be given final judicial power.

すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される。
All judges shall be independent in the exercise of their conscience and shall be bound only by this Constitution and the laws.

第七十七条 最高裁判所は、訴訟に関する手続、弁護士、裁判所の内部規律及び司法事務処理に関する事項について、規則を定める権限を有する。

Article 77. The Supreme Court is vested with the rule-making power under which it determines the rules of procedure and of practice, and of matters relating to attorneys, the internal discipline of the courts and the administration of judicial affairs.

検察官は、最高裁判所の定める規則に従はなければならない。
Public procurators shall be subject to the rule-making power of the Supreme Court.

最高裁判所は、下級裁判所に関する規則を定める権限を、下級裁判所に委任することができる。
The Supreme Court may delegate the power to make rules for inferior courts to such courts.


「YouTube」ボタンからチャンネル登録をよろしくお願いします!