中田宏チャンネル_180914_#821_憲法_第75条

日本国憲法
The Constitution of Japan
昭和二十一年十一月三日憲法
Constitution November 3, 1946

第五章 内閣
CHAPTER V. THE CABINET

第六十五条 行政権は、内閣に属する。
Article 65. Executive power shall be vested in the Cabinet.

第六十六条 内閣は、法律の定めるところにより、その首長たる内閣総理大臣及びその他の国務大臣でこれを組織する。

Article 66. The Cabinet shall consist of the Prime Minister, who shall be its head, and other Ministers of State, as provided for by law.

内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない。

The Prime Minister and other Ministers of State must be civilians.

内閣は、行政権の行使について、国会に対し連帯して責任を負ふ。

The Cabinet, in the exercise of executive power, shall be collectively responsible to the Diet.

第六十七条 内閣総理大臣は、国会議員の中から国会の議決で、これを指名する。この指名は、他のすべての案件に先だつて、これを行ふ。

Article 67. The Prime Minister shall be designated from among the members of the Diet by a resolution of the Diet. This designation shall precede all other business.

衆議院と参議院とが異なつた指名の議決をした場合に、法律の定めるところにより、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、又は衆議院が指名の議決をした後、国会休会中の期間を除いて十日以内に、参議院が、指名の議決をしないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。

If the House of Representatives and the House of Councillors disagree and if no agreement can be reached even through a joint committee of both Houses, provided for by law, or the House of Councillors fails to make designation within ten (10) days, exclusive of the period of recess, after the House of Representatives has made designation, the decision of the House of Representatives shall be the decision of the Diet.

第六十八条 内閣総理大臣は、国務大臣を任命する。但し、その過半数は、国会議員の中から選ばれなければならない。

Article 68. The Prime Minister shall appoint the Ministers of State. However, a majority of their number must be chosen from among the members of the Diet.

内閣総理大臣は、任意に国務大臣を罷免することができる。

The Prime Minister may remove the Ministers of State as he chooses.

第六十九条 内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、十日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。

Article 69. If the House of Representatives passes a non-confidence resolution, or rejects a confidence resolution, the Cabinet shall resign en masse, unless the House of Representatives is dissolved within ten (10) days.

第七十条 内閣総理大臣が欠けたとき、又は衆議院議員総選挙の後に初めて国会の召集があつたときは、内閣は、総辞職をしなければならない。

Article 70. When there is a vacancy in the post of Prime Minister, or upon the first convocation of the Diet after a general election of members of the House of Representatives, the Cabinet shall resign en masse.

第七十一条 前二条の場合には、内閣は、あらたに内閣総理大臣が任命されるまで引き続きその職務を行ふ。

Article 71. In the cases mentioned in the two preceding articles, the Cabinet shall continue its functions until the time when a new Prime Minister is appointed.

第七十二条 内閣総理大臣は、内閣を代表して議案を国会に提出し、一般国務及び外交関係について国会に報告し、並びに行政各部を指揮監督する。

Article 72. The Prime Minister, representing the Cabinet, submits bills, reports on general national affairs and foreign relations to the Diet and exercises control and supervision over various administrative branches.

第七十三条 内閣は、他の一般行政事務の外、左の事務を行ふ。

Article 73. The Cabinet, in addition to other general administrative functions, shall perform the following functions:

一 法律を誠実に執行し、国務を総理すること。

 Administer the law faithfully; conduct affairs of state.

二 外交関係を処理すること。

 Manage foreign affairs.

三 条約を締結すること。但し、事前に、時宜によつては事後に、国会の承認を経ることを必要とする。

 Conclude treaties. However, it shall obtain prior or, depending on circumstances, subsequent approval of the Diet.

四 法律の定める基準に従ひ、官吏に関する事務を掌理すること。

 Administer the civil service, in accordance with standards established by law.

五 予算を作成して国会に提出すること。
 Prepare the budget, and present it to the Diet.

六 この憲法及び法律の規定を実施するために、政令を制定すること。但し、政令には、特にその法律の委任がある場合を除いては、罰則を設けることができない。

 Enact cabinet orders in order to execute the provisions of this Constitution and of the law. However, it cannot include penal provisions in such cabinet orders unless authorized by such law.

七 大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を決定すること。

 Decide on general amnesty, special amnesty, commutation of punishment, reprieve, and restoration of rights.

第七十四条 法律及び政令には、すべて主任の国務大臣が署名し、内閣総理大臣が連署することを必要とする。

Article 74. All laws and cabinet orders shall be signed by the competent Minister of State and countersigned by the Prime Minister.

第七十五条 国務大臣は、その在任中、内閣総理大臣の同意がなければ、訴追されない。但し、これがため、訴追の権利は、害されない。

Article 75. The Ministers of State, during their tenure of office, shall not be subject to legal action without the consent of the Prime Minister. However, the right to take that action is not impaired hereby.


「YouTube」ボタンからチャンネル登録をよろしくお願いします!