中田宏チャンネル_180731_#788_健康増進法

 

受動喫煙を防止する法律、すったもんだありましたけれども、平成30年(2018年)7月18日 健康増進法改正案参議院本会議にて可決・成立しました。どんな内容になったかと言うと、バスやタクシー、飛行機などの公共的な乗り物は全面的に禁煙。学校や病院なども禁煙

これらは既に禁煙になっていますので、あんまり抵抗がないと思いますが、議論が分かれて最大の焦点だったのは、飲食業でした。例えば喫茶店は?バーは?ラーメン屋は?レストランは?というような飲食店。

どういう結局になったかと言うと、資本金が5000万円を超える、いわば大企業や、お店の面積が100㎡を超えるいわば大規模店、このような場所では喫煙専用室というのを設け、その室内での喫煙は可能ですが、それ以外の場所では全面禁煙になりました。さらに、先に述べた要件に当てはまらない小規模店では全面禁煙になりました。

しかし、例外があります。
先の述べたように小規模店は禁煙ですが、今あるお店=既存店については経過措置として喫煙可能という標識を店頭に掲出することによって、当面は喫煙することができるそうです。

今、『例外』って言いましたが、これは厚生労働省が『例外』って言ってるからですし、新聞やテレビなどのマスコミでも『例外』って言ってるんですね。

 

新聞記事にはこう書いてあります。厚生労働省は、飲食店全体の約55%が例外の対象になると推計している。

『おい!なんで55%が例外なんだ?例外っていう意味、わかってないんじゃないの?』

マスコミは「厚生労働省が推計している」と言います。いつも偉そうに言ってるけど、これ、そのまま書いてるって全く頭働いてないんじゃない?『半分を超える55%なんて、例外って言わない!馬鹿じゃね-か!!』と私は思いますが、ともあれ昨年の1月27日の、最初に提出される段階の受動喫煙防止法案で私は賛成の立場だけれども、一律については問題というのを言いました。

 

中田宏チャンネル_170127_#414_受動喫煙http://nakada.net/blog/8367

【受動喫煙防止法】ほんっとにスイマセン。「法律」で大丈夫か?

当初提出予定の法案では30㎡以下の飲食店は規制対象外という事でした。
地価が高い、安いもありますので、一律ということについて焦点を私は当てました。

今回、政府案と時を同じくして東京都の受動喫煙防止条例が可決・成立しました。東京都の条例は小規模店だったとしても従業員を雇っているという場合は禁煙となります。これは国の法律よりも厳しくなっているんですね。

この場合の例外、すなわち従業員を雇っていない小規模店は16%ということで、これは例外に当てはまるでしょうね。すでに条例がある神奈川県や兵庫県は国並みの基準、現在準備中の大阪府や大阪市、千葉市などは国よりも厳しい基準が検討されています。


私は一律はいかがなものか?!というふうに問題提起をしたわけですが、結果としてはそういう形になりました。ただ、スモーカーの皆さんは旅行に行った際など、ちゃんと確認してから喫煙してくださいね。


「YouTube」ボタンからチャンネル登録をよろしくお願いします!