中田宏チャンネル_180626_#764_小笠原諸島

6月26日は小笠原諸島がアメリカから日本に返還されてちょうど50年に当たります。

今は東京都小笠原村で、東京の中心部からざっと1000キロも離れています。

歴史を繙くと、昭和20(1945)年に日本は戦争に敗れ、アメリカが占領、独立国でなくなりました。
6年後の昭和26(1951)年にサンフランシスコ講和条約(戦争終結条約)が結ばれ、翌昭和27(1952)年に日本は主権を回復、いわば独立を果たします。
ところが小笠原諸島と沖縄はまだ日本に還らずアメリカ軍の占領下のままでした。

なぜ小笠原島や沖縄が戻らなかったのか。
戦争は終わったものの、米ソ(現ロシア)を中心とした冷戦構造が続いていました。
実際に北方領土はいまだに還らずロシアが占領していますが、そういった状態の中でアメリカが軍事的な拠点として小笠原と沖縄に軍を置きソ連が日本に侵攻できないようにするという意図があったようです。
日本にとってはアメリカとソ連のどちらが良い悪いではなく独立していないことが問題ですが、しかしアメリカ軍がいなければソ連の侵攻の可能性が高かったのは間違いないでしょう。

サンフランシスコ講和条約署名の直前、昭和25(1950)年に自衛隊の前身、警察予備隊が設置され、やがてこれが自衛隊となって日本本土の防衛力が整備されるなかの昭和43(1968)年に小笠原諸島が返還されました。
しかし沖縄はその後もアメリカの占領下が続き返還されるのは遅れて昭和47(1972)年でした。
昨今の北朝鮮情勢、その背後にいる中国そして南シナ海・東シナ海を考えれば沖縄は地政学的・軍事的にやはり重要で、今もって自衛隊、アメリカ軍が駐留しています。

返還から50年たった小笠原は魅力が多く人口が実は増え続けています。
返還直後の昭和45(1970)年は782人でしたが平成12(2000)年に2824人に、今では3000人を超えています。

世界自然遺産にも登録され、スキューバダイビングでダイバーには人気の的ですが、素潜りでも本当に綺麗な海が広がっているそうですから、ぜひ観光で訪ねたいです。


「YouTube」ボタンからチャンネル登録をよろしくお願いします!