中田宏チャンネル_171023_#598_衆議院選挙与党

10月22日、衆議院総選挙の投開票が一部を除き行われました。

投票率は台風の影響もあってか戦後最低だった前回の投票率は少し上回りましたが戦後二番目の低さでした。
選挙結果も今日の午後になってようやく確定しました。

政党
獲得議席
自由民主党284
公明党29
希望の党50
日本維新の会11
立憲民主党55
日本共産党12
社民党2
無所属22

自民党は公示前の勢力290議席から284と微減、連立を組む公明党は34から29とこちらは微減というよりちょっと痛い負け方です。
自公を足し合わせて公示前の324議席から313と少し落ちましたけれども
「安倍晋三・自公連立政権は信任された」
のが今回の選挙結果といえます。
「野党が分裂した結果、自民党が漁夫の利を得た」
という言い方もあるようですけれどもしかし民主主義ですからこの結果を受け入れなければなりません。

ただ自民党の議席数と安倍政権への信頼や支持にはギャップがあると思います。
最近の世論調査では安倍政権へ不支持の方が毎回、上回っていて、22日の日経新聞の出口調査でも安倍総理を信頼していないという方が多くありました。
これをどう考えるか。
日本は内閣総理大臣は国会議員から選ばれる議員内閣制ですから国民が選んだのは「自民党政権」ということです。
すなわち総理は別とも言えますが、それでももちろんその筆頭候補は安倍晋三氏でしょう。

昨日の夜、NHKの開票番組でインタビューに答えた小泉進次郎・衆院議員が非常に面白いことを言いました。

「全国で感じたのはおごりや緩みだけでなく、『飽き』だ」

この”飽き“というのは
「安倍政権に対する”飽き“」
で今回は当然、安倍総理の継続でしょうがいずれにしても4年間、自民党に政権が託されたということを重く受け止めてほしいと思います。

例えばはっきり公約して国民から信任を得た憲法改正、自民党はイニシアチブを取らなければなりません。
外交や安全保障も肯定と信頼を得ましたが、一方でモリ・カケ問題を含めて政策決定プロセスの不透明さは改める必要があります。
消費税、子育てや福祉そして財政の健全化などは批判もあります。
10月21日に書いた通り希望の党や維新の会もかなりキャスティングボートを握っていくことになりますからそれらの意見もまた取り入れていく必要があるでしょう。

【総選挙】憲法改正の「カギ」を決めるのは、アナタです!
http://nakada.net/blog/11043

自民党は選ばれた責任は、重いですよ。


「YouTube」ボタンからチャンネル登録をぜひよろしくお願いします!